2004/11/08

私は何者?

Tags

CNET Japan Blog - 梅田望夫 英語で読むITトレンド

70年代以降生まれの人は「ゲーマー世代」だそうで、

  (1) 他社や他者を「(ゲームの)プレイヤー」と見なす。
  (2) ブーマー世代に比べて、より競争的で、「勝つ」ことへの執着が強い。
  (3) 想像し得るどんな問題を解くことに対しても、より楽観的で断固としている。
  (4) それは、彼らが成功にたどりつく解(行動の組み合わせ)が常に存在すると信じているからだ。
  (5) そのことが、ゲーマー世代を、ものすごく創造的な方向に動かしている。
  (6) 企業のリーダーに対して不審を抱いている。
  (7) ゲーム世界は階層構造を重視しないし、ゲーマー世代は、自らに対してものすごく自信たっぷりなのだ。
  (8) 起業家のように、ゲーマー世代は、成功・失敗は、自分の能力次第と考える。
  (9) ブーマー世代と比べて、リスクを取ることになじんでいるが、無謀ではない。

だそうです。

内容に対してどうこう言うつもりはありません。でも、こういうのはいい加減うんざりですね。

私は70年生まれなので、ギリギリ「ゲーマー世代」です。まぁ、当てはまっていることはありますよ。

でもね、世の中にはこの手の世代レッテルはごろごろ転がっている。

私の年代を表す言葉の代表的なところでは

ジェネレーションX 65~75年ぐらい生まれ。無気力・とらえどころのない・批判的
団塊ジュニア 70~74ぐらい。自分らしさ、リラックス、向上心が希薄、おもしろさが大切

…これらの組み合わせで、当てはまらない人なんて一人もいませんよ…