2015/03/30

新社会人に言っておこう。名刺管理の話。



 まぁ、別に新入社員じゃなくてもなんだけど、大量に発生する新入社員に今から言っておこうかな的な話をざっくばらんテイストでまとめてみようかなと。

 名刺管理をしたいなって思ったときに、まずやるべきことは、雑誌とかWeb媒体とかBlogとかで言われている「これをしろ」「このツールを使えばOK」的な記事はまず忘れること。まー、これもBlogなんで、のっけから自己否定だけど、あんまり人の言うことを鵜呑みにするなよって言いたい。

 忘れちゃいけないのは、名刺管理なんて単なる手段でしかないってこと。なんのために名刺管理をするのかという目的から考えていかないとダメ。この「目的から手段を考える」というのができるかできないかで、10年後20年後に年収に倍以上の開きが出たりするから、こういう細かいことでも目的から考える癖をつけておいた方がいいと思う。

 あと、社会人生活というのは想像以上に長く続くことも忘れちゃいけない。今22才で社会人になった人は50年ぐらい社会人をすることになる(残念ながら定年年齢は今よりずっと上になる)、当然、その間には様々なことがある。ヒマなとき、忙しいとき、楽しいとき、つまらないとき・・

 自分の経験で言うのなら「名刺管理をちゃんとしよう」と考えるときというのは、たいていヒマなとき。スキャンする、会社順に分ける、インデックスを作る、会議録をつけるとか色々考えてトライしてみたりした。

 ところが、残念ながら、ヒマなときに考えたやりかたというのは、忙しくなるとたいてい破綻しちゃう。しかも、皮肉なことに名刺というのは忙しいときほど大量にやってくる。

 プロジェクトの準備にかけずり回り、ようやくキックオフ会議までこぎつけ、毎日朝から晩まで社内外とミーティングをして・・で、数ヶ月後には数十枚の未入力名刺が名刺入れやデスクに溜まっているわけ。さあ!これを整理しよう!とモチベーション高くできる人はすごいと思けど、ほとんどの人は挫折しちゃう。

 なので、まず「名刺を使って何をしたいか」を決めて、どんなに忙しいときにでもできる運用で最低限の管理をするというのがいいと思う。



変わってしまった名刺の役割と変わらないソリューション


2015/03/03

最終的にToodledoからRemember the milkへ移行した決定的な理由

ここ数年、いわゆるTODOツール、タスクマネジメントツールについては、ずっとToodledoとRemember the milk(RTM)の間でふらふらしていて、結局両方の有料プランを使い続けるという状況でした。

それでも最近は柔軟な項目設定やサブタスク設定等Toodledoに軍配が上がっているかなと思ったのですが、昨年1年間のレビューをした結果、RTMでないと自分の仕事がうまくマネジメントできない点があり、RTM一本で行くことにしました。

RTMがToodledoにおそらく唯一、そして決定的に勝っている点は、繰り返し処理の柔軟性です。

Toodledoの繰り返し処理も他のクラウドサービスに比べると十分に高機能なのですが、それでもRTMにはおよばなかった・・というところです。