2015/12/23

登山時計にSUUNTO TRAVERSEをポチってみた




サラリーマンの特権といえばボーナスですね!毎年6月と12月は社長やめて労働者になった喜びをかみしめています。

そんな今年の12月ですが、ここ数ヶ月というもの、アクセル全開どころかアクセルを床まで踏み抜いているような状況でして、仕事のストレスが考えられないぐらい高く、ほとんど毎日Amazonでお買い物している始末。

とはいえ、このままだとボーナス使い切ってしまうので、これが最後と、登山用のGPSウォッチ、SUUNTO TRAVERSEをポチリました。

いや、お前、アストロン買ったじゃん?って突っ込みがあるかもしれませんが、たとえ腕が2本しかなくても、腕時計は何本あってもいいものです。

Ambit3とも迷ったのですが、機能的にはほぼ同じですし、新モデルはいいものだということで、Traverseにしてみました。ただ、Ambit3の方がバッテリーの持ちがいい(ほぼ倍の時間)ですので、本格的に使うのであればAmbit3の方がいいかもしれません。

SUUNTO TRAVERSEとは?


とりあえず、機能を列挙しますと
あらかじめ気になるポイントを登録しておけば、TRAVERSEがナビゲートしてくれます。
移動中に記録しておきたい場所があれば、ボタンひと押しでメモリーできます。
3D電子コンパスはどんなときでもすばやく方位を示します。
TRAVERSEで移動を記録しておけば、来た道を正確に戻れます。
スタート位置を見失ってもTRAVERSEなら最短距離をガイドします。
その他SUUNTO運営のコミュニケイトサイト<Movescount.com>への同期で自分のオリジナルルートの作成やルートダウンロードも可能です。
その他機能:時刻表示/クロノグラフ、カウントダウンタイマー、ストップウォッチ/デュアルタイム/アラーム/バックライト、フラッシュライト/ルートナビゲーション表示 /高度計/気圧計、ウェザーインジケーター、ストームアラーム/3D電子コンパス/着信通知機能(スマートフォンとペアリング時)/歩数計/消費カロリー表示/日の出日の入り時刻表示/液晶画面反転機能/心拍数(※心拍ベルト使用時)

という感じで、要するに山登ったりハイキングするときに考えられる機能はほとんどついている厨二感あふれるナイスなガジェットですです。

ちなみに、Movescount.comでのルート作成はあまり使い勝手がよろしくありません。しかし、GPXデータのインポートに対応していますので、ヤマプラでルートを作成してインポートすることができます。この辺は、実際に使ってレポートしていきたいと思います。

スマホじゃダメなの?

この辺の機能は、スマホがあれば代替可能です。ただし、スマホは万が一の時のライフラインになりますので、できたら使いたくないというのが本音です。って、里山しか歩かないのに何偉そうに語っているんでしょうか?


とりあえず開封

サクッと開封します。買ったのはアンバーモデルですが、思ったよりオレンジが濃い感じです。




SUUNTOはVECTOR、COREと使ってきてまして、独特の操作体系とUIが英語でよくわからん!だったのですが、日本語にも対応、操作方法やナビゲーションもこなれてきた感じがします。




BluetoothでiPhoneとペアリングすると、設定がiPhoneからできたり、データのアップロードができたりとかできるっぽいです。この辺はもうちょい研究せねば。


さて、後は山に行くだけだな~~



2015/11/28

景信山~高尾山




仕事が煮詰まっていたのですが、なんとか有給とって晩秋の高尾へ6D持って行きました。

お目当ては紅葉です。しかし高尾山は激混みなので、景信山からアプローチします。高尾山は3回目ですが、1回目は稲荷山~城山~相模湖、2回目は子連れで1号路ということで、こちらからのアプローチははじめてです。

自宅前から出るバスが遅れてヒヤヒヤしましたが、無事新宿駅から8時10分発の京王線にのり、9時12分高尾駅発のバスで小仏バス停へ。バス2台はご年配の方々でギッシリです。

9:40

いよいよ登山道へ。2/3ぐらいの人は小仏峠方面に向かい、景信山は1/3ぐらいの人が向かっています。

とっかかりのところの急勾配でいきなり試練。6DはCarrySpeedストラップでたすき掛けしているのですが、ぶつけてしまいそうで怖いです。

そこそこの勾配です。脚に乳酸たまりまくり、デジカメやらレインウェアやらでかなりの重量の荷物がしんどいです。

落ち葉で道が見えづらいのですが、前後に人がいるので安心です。一人だったらちょっと心細かったかも・・昨日までの雨でしたがぬかるみも少なく安心です。



今朝は相当寒く、都心でも霧が出てきたほどだったのですが、Skinsのアンダーウェアに、ヒートテック、ブレスサーモ+ソフトシェルでは多すぎ、汗だらだらかいてしまいます。
しかも、風が強く立ち止まるとあっという間に冷えてきます。


風が強いので、空は澄みまくり、景色は素晴らしい。


10:40

景信山到着

ここで汗まみれのヒートテックを1枚脱ぎ、持ってきたダウンジャケットを着込んで保温。

プリムスETA-Liteでコーヒーを沸かし、フルーツナッツ食べながら小休止。



しばらく景色を堪能




眼下に相模湖も

11:10

元気回復したので、ダウンジャケットをザックにしまい、出発



11:40

小仏峠
旧甲州街道が通った峠の一つで、明治天皇も小休止をした場所です。


しかし、今は廃屋となった茶店しかありません。景色もたいしてよくありません。って、考えてみたら当たり前で、街道なのですから、できるだけ山と山の低いところを通しているわけです。

用もないので、さっさと通過します。


12:00

電波塔が見えてくると、いよいよ小仏城山です。


城山茶屋のナメコ汁(250円)と持参した肉巻きおにぎりで昼食

ここから高尾山方面に向かいます。

途中、一丁平の展望台からは富士山がよく見えます。


ところで、紅葉がありません。

高尾山に近づいてきたところで、ようやく紅葉発見。
しかし、色づきがいまいちです。

このあたりから右膝が痛み始めてきました……





紅葉台の細田屋で本日2杯目のナメコ汁350円也。城山茶屋より100円高いのですが、ナメコ多め、ネギと三つ葉入りで、個人的にはこちらの方が好みです。高尾散策の水分と塩分はナメコ汁がメインです(笑)




高尾山着~ですが、人多すぎで写真撮っていません。

高尾山に近づく頃から、道いっぱいに広がって歩くグループとか、マナーがダダ下がりでちょっとイラッとしまいました。

薬王院だけ1枚

ケーブルカー40分待ちということで、痛む膝をかばいながら1号路をひたすら下ります。保育園?幼稚園?グループが下山しています。すごいすごい。

ケーブルカー駅付近で、「クレミア」なるソフトクリーム発見。
生クリームたっぷりの濃厚さ、クッキー生地のコーン。540円と高いですが、価値のある味です。

高尾駅には温泉施設もありますが、人も多くさっさと帰りたかったので、15:10発の京王線で一路新宿へ。

2015/09/29

iOS9で実現したiPad二画面モードは結構便利だけど、Safariが使いづらくなった。


iOS9になり、本格的なマルチタスク対応となったiOSデバイス。私のiPadAir2もその恩恵を受けています。



iPadの画面端を右から左に軽くスワイプすると、サブ画面が出てきて、作業をすることができます。



この機能は、すべてのアプリで使えますが、二画面モードに対応したアプリの場合は、さらに境界線をドラッグすると二画面モードに入ります。



サブ画面上部を下にスワイプしますと、右画面に表示ができるアプリの一覧が出てきます。今のところ対応アプリは少ないですが、徐々に増えてくるのと思います。



書類やWEBを見ながら、メールやSNSが使えるのは便利ですね。早くEvernoteが対応してくれることを祈っています。

ただ、この機能、Safariの進む/戻るのジェスチャーととバッティングしているんですよね・・・ ページを進めようとしてサブ画面が出てくるとムキー!ってなってしまいます。

この記事書くのでいろいろ検証みたところ、画面の中央をスワイプするとサブ画面の調整、画面の上下をスワイプでSafariの進む/戻るになることわかりました。



ちょっとこれはわかりづらいですね… Apple(iOS)のよさはユーザビリティだと思うのですが、この操作感はちょっと機能先行感があり「Appleらしくない」感じがあります。


2015/09/12

スマートウォッチは時計業界の針を再び進めるのか

こんにちは。

ありのままに起こった出来事を書くぜ。

Apple Watchを買おうと思っていたら、いつの間にかアストロンを買っちまった。



2ヶ月ぐらい前の話なんですがね・・・

いや、いろいろ調べていて思ったんですが、Apple Watch確かにいいんですけど、10万近く払った時計が2年も経つと性能不足で不満を感じるって、時計としてはどうなのよ?じゃあいい時計買った方がいいんじゃね?となり、結局アストロンになったのでした。

でも、よく考えると、iPhoneを2年おきに買い換えるのはぜんぜんOKなんですよね。iPhoneはOKだけど、iWatchでは許せないというのは、自分では面白い発見でした。

でも、世の中的にはiWatchは売れているっぽいですね。もしかしたら2年ぐらいしか使えない10万円の時計というのが許される世の中になってきているようです。

ずーっと斜陽の時計業界ですが、スマートウォッチをきっかけに、新しい時計産業が生まれるかもしれませんね。

ただ、その時残っているのは今の時計メーカーかわかりませんが・・・

2015/09/04

五輪ロゴ問題から考える「デザイン」 ~招致ロゴをそのまま使うべきではない理由~

様々な議論を呼んだ東京オリンピックのロゴは、結局佐野デザインを使わないという形で落着しました。また、世の中には我こそはと新しいロゴのデザイン案を発表する人もでてきています。


話の賛否はさておき、日本で「デザイン」という言葉がこれほどメディアや日常会話に登場するというのは、珍しいことではないでしょうか。

ところで、「デザイン」とは一体なんなのでしょうか? 綺麗な絵や美しいロゴが「デザイン」なのでしょうか。



「デザイン」の定義



人によって「デザイン」の定義は千差万別です。ある人は「目的を達成し、満足を与えるもの」と言い、ある人は「形と中身の関係」と言います。グッドデザイン賞では、『 我々の生活をより豊かにするための「終わりのない継続的な創造的思考活動』」と定義されています。

また、「デザイン」にも様々なものがあります、工業デザイン、グラフィックデザイン、UIデザイン、都市デザインなどなどなど・・ 「デザイン」定義の違いは、その人がどの分野のデザイナーかによって異なっているようもに思えます。

一つだけ、どんな分野のデザイナーも、共通して言う言葉があります。「芸術(アート)とデザインは違う」ということです。

では、「アート」と「デザイン」は何が違うのでしょうか。文献や記事を見る限り、アートとデザインの違いは次のようなもののようです。
  • 「アート」とは、表現者の内面の発露であり、自己表現である
  • 「デザイン」とは、他者に働きかけ、感情をよびおこしたり行動を促したりするものである
とはいえ、「他者に働きかけ、感情よびおこしたり行動を促したりする」ものすべてがデザインとすると、小説や注意書きもデザインということになってしまいます。「読む」のではなくノンバーバルであるというのも「デザイン」の要素として必要そうです。
つまり、「デザイン」とはなにかと問われた場合、次のようなことが言えると考えられます。


『デザイン』とは、対象となる人に一定の感情をよびおこしたり行動を促したりすることを目的として作られた、ノンバーバルな表現のこと


もう少し表現としてブラッシュアップできそうですが、おおよそデザインとはそのようなものなのではないでしょうか。

五輪ロゴデザインの対象は国民だ

では、五輪ロゴをデザインするにあたって、考えるべき「対象となる人」は誰なのでしょうか。

2015/03/30

新社会人に言っておこう。名刺管理の話。



 まぁ、別に新入社員じゃなくてもなんだけど、大量に発生する新入社員に今から言っておこうかな的な話をざっくばらんテイストでまとめてみようかなと。

 名刺管理をしたいなって思ったときに、まずやるべきことは、雑誌とかWeb媒体とかBlogとかで言われている「これをしろ」「このツールを使えばOK」的な記事はまず忘れること。まー、これもBlogなんで、のっけから自己否定だけど、あんまり人の言うことを鵜呑みにするなよって言いたい。

 忘れちゃいけないのは、名刺管理なんて単なる手段でしかないってこと。なんのために名刺管理をするのかという目的から考えていかないとダメ。この「目的から手段を考える」というのができるかできないかで、10年後20年後に年収に倍以上の開きが出たりするから、こういう細かいことでも目的から考える癖をつけておいた方がいいと思う。

 あと、社会人生活というのは想像以上に長く続くことも忘れちゃいけない。今22才で社会人になった人は50年ぐらい社会人をすることになる(残念ながら定年年齢は今よりずっと上になる)、当然、その間には様々なことがある。ヒマなとき、忙しいとき、楽しいとき、つまらないとき・・

 自分の経験で言うのなら「名刺管理をちゃんとしよう」と考えるときというのは、たいていヒマなとき。スキャンする、会社順に分ける、インデックスを作る、会議録をつけるとか色々考えてトライしてみたりした。

 ところが、残念ながら、ヒマなときに考えたやりかたというのは、忙しくなるとたいてい破綻しちゃう。しかも、皮肉なことに名刺というのは忙しいときほど大量にやってくる。

 プロジェクトの準備にかけずり回り、ようやくキックオフ会議までこぎつけ、毎日朝から晩まで社内外とミーティングをして・・で、数ヶ月後には数十枚の未入力名刺が名刺入れやデスクに溜まっているわけ。さあ!これを整理しよう!とモチベーション高くできる人はすごいと思けど、ほとんどの人は挫折しちゃう。

 なので、まず「名刺を使って何をしたいか」を決めて、どんなに忙しいときにでもできる運用で最低限の管理をするというのがいいと思う。



変わってしまった名刺の役割と変わらないソリューション


2015/03/03

最終的にToodledoからRemember the milkへ移行した決定的な理由

ここ数年、いわゆるTODOツール、タスクマネジメントツールについては、ずっとToodledoとRemember the milk(RTM)の間でふらふらしていて、結局両方の有料プランを使い続けるという状況でした。

それでも最近は柔軟な項目設定やサブタスク設定等Toodledoに軍配が上がっているかなと思ったのですが、昨年1年間のレビューをした結果、RTMでないと自分の仕事がうまくマネジメントできない点があり、RTM一本で行くことにしました。

RTMがToodledoにおそらく唯一、そして決定的に勝っている点は、繰り返し処理の柔軟性です。

Toodledoの繰り返し処理も他のクラウドサービスに比べると十分に高機能なのですが、それでもRTMにはおよばなかった・・というところです。


2015/01/07

iPad Air2用にLogicoolの超薄型軽量外付けキーボード Keys-To-Goを買ってみた

外出時のメモや議事などはiPadでとることが多いのですが、外付けキーボードって微妙に重くてかさばるんですよね・・

というわけで、薄型軽量がウリのBluetoothキーボード Logicool Keys-To-Goを入手しました。


Keys-To-Go
どこにでも持ち出せるポータブルキーボード

ちょっと品切れ気味なのですが、再来週の家族旅行に間に合わせたいと思っていたところ、amazonマーケットプレイスの片隅でひっそりと売っているのを入手。


iPad Air 2 にジャストサイズの大きさと驚異の薄さ

さすが専用設計というか、サイズ的にはジャストサイズです。

ちなみに耐水設計ということでプールサイドでも使えますが、そもそもiPadが耐水設計ではないので意味があるかどうか微妙です。キーボードにコーヒーこぼした!というときには便利だと思います。



また、iPad Air2よりも薄い6mmの薄さは素晴らしいの一言です。iPadと重ねて鞄のPCスペースに入れられます。



公称180gの超軽量

私の個体は181gですが、超軽量ということにはかわりありません。

ただし、このキーボードにはスタンドがついていません。スタンドがわりのスマートカバー(公称不明、実測78g)をつけて259g、同社のキーボード付きカバーUltrathin(公称 327g)より若干軽いです。

しかしスマートカバーめちゃめちゃ軽いですね・・Web上を見ますと実測100g程度という記述もありますので、Appleは人知れず軽量化を進めているのかもしれません。

ちなみに 公称437gの iPad Air2をつけて、実測で700gを切ります。



省電力設計

この商品が凄いのか、最近のBluetoothデバイスが凄いのか、バッテリーが凄いのかよくわかりませんが、1分の充電で2時間使用できるそうです。フル充電(2.5時間)の場合は、1日2時間使用として3ヶ月使用可能となっていますので、2時間×90日=180時間ぐらい使えるということですね。

充電端子は最近のガジェットによくあるUSB端子です。数年前は独自仕様のACアダプタを使う製品が多く、机の上がACアダプタだらけになったあげくどのアダプタがどの製品に対応しているかわからなくなるというカオスな状態を強いられていましたが、これは本当に便利です。

使用感と感想

見た目はポチポチキーボードなのですが、キーストローク1.2mmのパンタグラフキーボード。正直あまり期待していなかったのですが、打鍵感は悪くないです。押下圧(65 +/- 10g)で、ものすごい快適とまではいきませんが、長文を爽快に打つことができます。

iOSに対応した言語切り替え、スクリーンショット、音量調整等のキーも用意されています。が、そもそもiOSの外付けキーボードの挙動が微妙だったりしますので(予測変換候補を消せないとか・・)、そのあたりはどうしてもストレスがでます。

というわけで、iPad Airを持っていて、外出先で外付けキーボードを使いたいなら、これは間違いなく「買い」です。携帯性、バッテリーの持ち、打鍵感のバランスが非常にいいです。

比較対象となるライバルは同社のUltrathinでしょう。Smart cover+ Keys-To-Goより数十グラム重くなりますが、ケース一体型でキーストローク1.5mm、電池寿命2年というのはこれまた素晴らしいです。

これに関してはそもそもiPadをどう使うかで選択肢が決まりそうな気がします。私は立っているときや歩いているときにiPadを鞄からサッと出して電子書籍やWebサイトを見たりしますので、ケース付きのキーボードはかえって邪魔になります。私のような使い方をするのであればKeys-To-Goがベストの選択だと思います。

そうではなく、iPadは膝上や卓上で座って使うのがメインなのであれば、一体型であるUltrathinの方が使い勝手はいいでしょう。