2016/05/05

7才児と登山。GWは金時山。乙女峠~金時山~矢倉沢峠~登山口



最近、イベントで12キロを楽々歩き、自分の体力に自信がついてきた娘が登山について行きたいと言いだしたので、親子で金時山登山決行。初心者むけで親子登山にちょうどいいという話も聞きながらも、本によると高学年向きとも書かれており、内心大丈夫かな…と思いつつ、同年代より多少は体力あるだろうと、連れて行くことにしました。


スケジュールとしては、ヤマプラ標準タイム×1.4で9時半頃から登りはじめても遅くとも15時半頃には降りてこれるようにしました。乙女峠へは新宿からバスも出ていますが、GWの渋滞にはまったら洒落になりませんので、ロマンスカーで行くことにします。

7時新宿発 ロマンスカーはこね号に乗り、8時半に箱根湯本に到着。



ここでいきなり大誤算。8時50分発のバスに乗るはずが、満車で乗れません。もちろん2台目3台目なぞありません。なんとか9時10分発のバスに乗って出発。



乙女峠までは30分ほどのはずですが、それだけ混んでいればバスも遅れ気味に。

なんだかんだあって、登山をはじめたのは10時になろうという時でした。



ここからサクサク行きます。こぶし大ほどの石だらけで歩きにくいですが、娘も快調についてきます。



10時45分 乙女峠着。なんとまぁ標準タイムピッタリの速さ。すごいぞ小学2年生。



残念ながら富士山はよく見えず…

乙女峠で写真撮影と休憩し、長尾山に向かいます。

ここで娘が若干バテ気味になるので、ペースを落として歩きます。

山道はやがて木の根や大きな段差まじりに。大人だとよっこらしょと越える段差も、小さな娘はよいしょよいしょとなってしまいます。本人楽しいからいいんですけど、ペースを考えるときの考慮ポイントになるでしょう。



鎖場も楽しく抜け、二人で話しながら歩いていると、頂上が見えてきました。



山頂着12:20 乙女峠からは標準タイムの1.2倍相当で歩いてきたことになります。



ここでまずトイレ…って、女子トイレ激混み!!!

張り紙見てみると、なんじゃこりゃ!!

女子トイレの便器3つのうち1つが壊れている… トイレの順番待ちが長い…



トイレが終わったらお待ちかねのご飯。山頂混みまくりですが、場所を確保します。



「カップラーメン食べたことないから食べたい!!」という娘のリクエストに応じて山頂カップヌードル。山専ボトルに入れてきたお湯でカップヌードルを作ります。娘は普通の、私はカレー。どうせ全部は食べられないから余ったのをもらおうと思っていたら、ぺろりと平らげるという新たな誤算…



山頂の茶屋でお土産も買って、さあ出かけるぞ~と思ったら「お父さんトイレ」。ああそうでした、そういうところしっかりしている娘でした…ふたたびトイレの行列に並んで、結局山頂に1時間半近く滞在。

山頂はやや曇っていましたが、降りる頃にはすっかり晴れてきました。



矢倉沢峠を過ぎると、ほどなくして別荘地帯に到着。



登山口到着 15時。トータルでだいたい標準タイム×1.1倍ぐらいのペースで歩けたことになります。思った以上にちゃんと歩けたのは収穫ですね。

「結構疲れたけど、また山に行きたい」娘もこう言ってくれましたので、次が楽しみです…

で、めでたしめでたしならよかったのですが、またまた帰りのバスも乗れずに一本待ち、道が渋滞して箱根湯本まで1時間以上かかったりと、なかなか波瀾万丈。

それでも〆はソフトクリーム!箱根焙煎コーヒーのコーヒーソフトは、コーヒーの香り高く、乳脂肪分少なめ甘さ控えめで疲れた体に染みいります。



さよなら箱根!また来る日まで。