2016/10/01

伊豆ヶ岳~子の権現 ヘロヘロ山行




10月1日の予報は小雨、気温は20度前後。10月2日は晴れるかわりに27度ぐらいまで上がりそうです。
今日の涼しい小雨と明日の暑い晴れなら小雨を選ぼうと、10月1日に伊豆ヶ岳~子の権現のロングコースに行くことにしました。


伊豆ヶ岳と言えば難度の高い鎖場の男坂が有名ですが、一人ですし雨っぽいですし、男坂は行かないことにします。



6時15分池袋発の西武線に乗ります。


飯能で乗り換え、正丸駅へ。8時頃に出発です。


正丸駅を出ると、片斜面に作られた不思議な階段を降ります。


しばらくの間は沢沿いに車道歩きです。

幸い雨は降っていません。結局1日雨には降られませんでした。

正丸峠経由も考えたのですが、いい加減車道歩きもめんどくさくなったので、左から登山口に入ります。

なんか既におなかが空いてきました…


やっぱり沢沿いは気持ちがいいですねぇ。


途中分岐があり、どうしようかと思ったのですが、伊豆ヶ岳方面ではなく、「ふたご岩」「亀岩」がある方面に向かいます。


こういうとき、SUUNTO Traverseのような腕時計型ですと、元のコースしかわからないため不安になりますが、地図入りのGPSでしたら安心です。

ちなみに、このOREGONには、Open Street Mapを入れているのですが、登山道もかなり入っていて便利です。

ひいこらしながら登っていきます。ここで亀岩を完全に見落としたことに気づきました。

といいますか、妙に体が重いです。どうもペースが上がらないですね…



男坂到着~

当然迂回します。女坂は崩落していますので、男坂の横を通る道を歩みます。


伊豆ヶ岳!さあ休憩だ!ここで男性4人組と遭遇。グループは先に行きます。

なんと、本当の頂上はここではありませんでした…


古御岳(こみたけ)到着


ここで大休止。お湯を沸かして抹茶ミルクとアラレをいただきます。

この組み合わせは個人的にヒット。甘い抹茶ミルクとしょっぱいアラレの組み合わせが最高です♪


元気が出てきたような気がしてきました。(後でコースタイム見たら全然上がっていなかったけど…

しかし、岩と根で結構大変です。ポール出して歩いていたんですが、手を補助で使わなくては行けない場所も多く、ポールいらないかな・・という感じです。


うっそうとした林から突然ひらけました。

結構前から立っているっぽい鉄塔ですが、送電線もなにも来ていません。

これから…なんですかね。


このコースでたまに見られた謎標識。

山の中なんだから山道って当たり前だろ!って突っ込みたいです。

どうも、バリエーションコースや難路のことを言っているみたいなのですが・・


天目指峠着。東屋には先ほどの4人グループがいたので、先に進むとします。

こういう日は一人がいいんですよ…

このまま子の権現まで行ってランチと思いましたが、さすがに腹減ってきましたので、食べられる場所を探します。


今日のランチは日清カレーメシ

子供の頃日清がカップライスという商品を出して、母親と食べた記憶が朧気に残っていました。

その後完全に消えてしまったこともあり、嘘扱いされたときもあったのですが、調べたところやはり1975年に出していたみたいですね。あれは嘘じゃなかったんだー。

でも、ファンタゴールデンアップルは、やっぱりなかったんだよなぁ。あれはなんだったんだろう・・

気を取り直して蓋を開けます。


ルウ!?

こ…これはインパクトありますね(汗)

沸かしたお湯を入れて5分、ぐるぐるかき混ぜると…


なんとなくコレジャナイ感漂いますが…

実際食べてみると、トマトっぽい酸味が効いていて結構おいしいです。

スープカレーみたいなもんですかね…

アルファ米をカップラーメンに突っ込んだら似たようなものができそうな気もしますが、アルファ米は5分では戻りませんね。どうやって5分を実現したんだろう…


食事後歩き始めます。

あいかわらずコースはアップダウンがある上にペースが上がりません。

ここで後から来た人を先に行かせます。先ほどの4人組と、今の人、この後でもう一人すれ違うのですが、結局子の権現まで会った人は6人という静かな山行でした。


登山道が終わり、子の権現の裏手に出ます。


子の権現!


山歩きしているなら外せない、おおわらじ。

ヤマノススメでも出てきましたね。


せっかくなので、登山お守りも買います。


山バッヂ買ったところで、おじさんから「歩きながら食べて」とクリもらっちゃいました。

ていうかデカい!

正丸の近くで落ちていたイガグリが妙にでかい気がしたんですが、やっぱり中身もでかいですね。

折角なので持って帰ることにしました。

ていうか、オッサンからクリもらってもなぁ。どうせなら女の人のク(以下自粛)


吾野か西吾野か迷ったのですが、子の権現近くに置いてあった「古民家カフェ」という言葉に引き寄せられるように、吾野への道をチョイス。山道を20分ほど歩くと浅見茶屋に着きます。

食事は済ませたし甘味…と思ったのですが、名物のうどんがおいしそうなので思わず頼んじゃいました。


まずはビール!


そしてつけ肉うどん!

うどんのこしが相当強いので、冷やしだと固く感じるかも。暖かい方が合う麺かも知れません。


ひたすら下道を1時間弱…


吾野発15時10分の電車に間に合いました。

なんだかんだで、標準タイムピッタリです。

逆に言いますと、標準タイム以上のスピードは出せなかったわけで、体力的に落ちているのかも知れません。トレーニング頑張らねば…

奥武蔵屈指のロングコースと言われる伊豆ヶ岳、思った以上にハードでした。1日がっつり歩くぞーな気分にはおすすめです。