2016/10/30

紅葉とガスの大菩薩嶺登山

















10月30日の日曜日、大菩薩嶺に登ってきました。



娘の小学校のPTAのイベントとか学童のイベントとかで10月11月は結構パンパン。この週末逃すとダメかなと思いながら、紅葉が楽しめそうなところを調べていたところ、大菩薩嶺がヒット。ちょうどヤマノススメでも、出ていましたね。

ということで、家のスケジュールが合えば大菩薩嶺に行こうと下調べをしていたところ、鍋割山に行くと言っていた山友のCさんから、LINEが

「鍋割山は、やっぱやめました」

「大菩薩嶺に変更♪」

なぬ?

同行のMさんが車を出してくれるということなので、便乗決定。

ルートは、一番簡単な、上日川~大菩薩峠~大菩薩嶺~上日川

天気が良ければ、景色は最高!のはずですが、日に日に悪化していく天気予報……

ということで、当日……

寒いし曇っているし、微妙な天気ですが、雨は降らないので決行

大菩薩嶺のふもと、上日川の駐車場からスタートです。




色づきとしてはいまいちなぶぶんもありますが、やっぱり秋は紅葉ですね。

山道と舗装道に分かれていますが、折角の山なので山道を行きます。が、10メートルほど離れて舗装道が思いっきり見えているので、わざわざ山道歩く意味ないかも…

とはいえ、それなりに斜度はきつく、汗ばみつつ30分ほど歩くと福ちゃん荘に着きます。

なんでも、1969年に連合赤軍のメンバーが53人も捕まった大菩薩峠事件の舞台だそうです。

こわいですねー



ここから大菩薩峠方面に向かいます。ところどころある紅葉が綺麗です。


高度が上がるにしたがって、紅葉はなくなってきますが、たまに苔むした岩々があったりして、目を楽しませてくれます。


もう少し上がると笹が中心になります。しかしガスで景色が見えない……


大菩薩峠到着、介山荘で山バッヂを買います。


ここから尾根沿いに大菩薩嶺を目指します。植物は減り、岩だらけです。

さすがに風も結構強く寒いので、シェルを羽織ります。


賽の河原。旧大菩薩峠だそうです。

しかし、誰がこの石積んでるんだろう……

標高2000メートル標識。傾いています。

風寒い~


大菩薩嶺に到着!

大菩薩嶺は木に囲まれていて、景色が悪いのです。

しかし、風が強い今日みたいな日は、それがありがたいです。

適当に場所を見つけて昼食準備。

今日の昼ご飯はセブンイレブンで買った冷凍鍋焼きうどん♪

バーナーで熱々にして頂きます♪

と、なんか、ザックの中が濡れてるんですが…

うわ、冷凍溶けたら出汁がダダ漏れしてるーー!!!

ザックが出汁だらけだ!!!いい匂いだけど哀しすぎる!!!


うどんの出汁が半分しか残ってない・・


同じように考えている人が多いのか、広くない山頂は混み混みです。

セブンの鍋焼きうどん、汁は半分でしたが、十分おいしくいただけました。

寒い日は最高ですね!

昼食終わったら下山します。結構斜度あり、狭く、あまり写真をとる余裕がありませんでした…

福ちゃん荘からは、今度は舗装路を歩いて降ります。


お二人は温泉入って帰るということで、塩山駅でデポしてもらい、特急かいじで帰路につきました。