2017/08/05

8才児と富士登山して、途中断念した話



日本の南に長寿台風5号がうろうろしている8月初旬、娘と2人富士山にチャレンジしてきました。



1週間ぐらい前までは台風直撃も?という予測でしたが、なんとか天気も良さそうです。

富士北麓駐車場に車を止め、シャトルバスで富士スバルライン5号目までむかいます。

赤富士ハヤシライスで鋭気を~と思ったら、どうやら娘はバス酔いしたらしく、あまり食べず・・のっけから不安です。


もう少しマシな天気を予想したのですが、雲の中を歩いている感じで景色が全然見えません。


ゆっくりゆっくり、深呼吸しながら、標準タイムの2倍ぐらいの時間をかけて登ります。

娘も元気になり、「チョコ羊羹」なぞ食べながら、二人でおしゃべりしながら進みます。


7合目付近から岩場になります。

「調子どう?」と娘に聞くと、「東京ならこんなの楽勝なのに、空気薄くて辛い」とのこと。


泊まりは7合目鎌岩館です。スタッフが暖かくむかえてくれます。

ここの眺望小部屋を予約しておきました。(写真は鎌岩館HPより)

ベッド上段を部屋っぽく区切っているので「部屋」というイメージとはちょっと違いましたが、下は寝袋がずらっと並んでいる中、2人で2畳は快適です。

カーテン閉めてごろごろノンビリすごします。

と、ここにきて晴れてきました。

部屋からの眺めが最高のご褒美です。


夕食を食べ、2人で読書をして時間を潰し、8時頃就寝…

…眠れません…

出発2日前からキッチリ睡眠とっていたのが逆に災いしたのか、周囲の音が気になって全然眠れず… 人の気配に敏感になっている自分がいます…

横を見ると娘は爆睡…親よりタフです…

なんだかんだで眠れたのは日付が変わった後でしょうか…良く覚えていません…

4時に起きて、娘と着替えて山小屋を出ます。
昨日と同じように眼下に雲があり、ばっちりご来光見えそうです。





雲海の上の最高のご来光。雲と日の出の組み合わせは自分が一番欲しかったショット。このためにハーフNDフィルタを持ってきたのです。

「きれいだねーきれいだねー」と二人でしばし眺めます。

最高の富士登山です。

しばらく見て、登りはじめます。

娘も今日はテンション高く、この調子ならいけそうです。

…と、少し登って本七合目鳥居荘まできたところで…

「気持ち悪い…」

ベンチに座らせ、酸素吸わせましたが、あまりよくなる感じはありません。

無理に登ってもいいことなさそうですので、ここで下山を決意。

とはいえ、今登ってきた岩場降りるの大変そうだな…と、通りがかった鳥居荘のご主人に下山ルートを聞くと、宿泊客で下山する人を7合目下部までアテンドするそうなので、後ろについてきていいとのこと。大変感謝!

ブルドーザールートを通って、7合目花小屋まで行き、そこから行きと同じルートで下山します。

景色がめちゃめちゃいいです。

ご来光とこの景色で、富士登山の目的の半分以上達成した気がするので、もう山頂とかどうでもいい感じです。



下に行くと、ちょっと天気がいまいちです。
雲の下だからしょうがないですね。
下山は楽勝と思っていたら、以外とかかりましたが、8時頃5合目着

まるで頂上でご来光を見てきたかのようなタイミングで降りてきているので、「すごいすごい」とヒソヒソ声が聞こえますが、すみません7合目で降りてきたのです…


山頂は残念でしたが、最高の景色を見られたので満足しました。

1日目は「二度と行かない」と言っていた娘も、下山時は悔しかったのか「また来る」と反応が変わっていました。

ただし「もう少し大きくなってから」だそうです。