2017/02/05

会社でもおいしいコーヒーを飲みたかったので、ボダムのトラベルプレスを導入してみた。


オフィスにいるとなにかとコーヒーが飲みたくなるものです。セブンイレブンのコーヒーも悪くはないのですが、ワンランクアップを狙いボダムのトラベルプレスを買ってみました。


1週間ほど試行錯誤したのですが、1杯約350mlに対して豆は17g前後、手持ちのポーレックスミニで720度(調整ネジ2回転)の粗挽きが自分的には好みです。ややあっさりかなという感じですが、630度(1と3/4回転)ですと、やや雑味が感じられるのと、構造上カップ内にコーヒー粉が残り続けるので、時間が経つとやや味が濃くなってくるので、2回転で挽いています。


会社には熱湯が出るウォーターサーバーがありますので、遠慮なくお湯を入れます。

ドリップ式の場合と注ぎ方一つで味が大きく変わりますし、ウォーターサーバーから直接とかは絶対無理ですが、フレンチプレスは多少荒っぽくしても安心です。

ただ、淹れる前にトラベルプレスを暖めた方がベターですので、余裕があればあらかじめ給湯室でお湯を入れて捨てるといいと思います。

メーカー推奨の淹れ方として、ここでスプーンを使ってかき混ぜるとあるのですが、オフィスでスプーン洗うのも面倒ですので、実際には半分ほど入れたところでやや時間をおいて、トラベルプレスをくるくる回してかき混ぜてから最後までお湯を注いでいます。


4分待ったらプランジャーを下げてできあがり!です。

私の場合は会社で豆挽くのも面倒ですので、前の晩か当日朝に豆を挽き、ナルゲンの小さなボトルに入れて出社しています。

Happy! Coffee Life!!