2017/02/13

山プラで作成したGPXをSUUNTO Traverseに反映させる(2016年版)

久しぶりにmovescount.comを使ってみたら、リニューアルしてしまっていました。


以前山プラで登山プランを作って、SUUNTO Traverseのナビに反映させるをかきましたが、リニューアル後のバージョンではどうなるでしょうか。

ヤマプラでGPXをファイルところまでは同じですので、上の記事を見てください。

movescountのトップページから「マイルート」を選択します。


左下の「+」ボタンを押すと、「ルートのインポート」が出てきますので、作成したGPXファイルを読み込みます。


読み込みを完了した画面上で、読み込んだルートをTraverseで使う等の操作が可能になり、便利になりました。


左下のボタンを押しますと、以前作ったルートが出てきますので、削除したり転送停止をしたり修正したりします。